スズキの中古車

スズキの中古車の高値売買の裏ワザ

近年、新車をはじめ中古車市場においても軽自動車の人気は凄まじいものがあります。
先日もトヨタのディラーで話をしたときに、最近の若い子達は普通車なんか買わないから売る方も大変だよという話を聞きました。逆にスズキのディラーはウハウハの状況だと聞きます。
普通車が売れない理由の一つに若い人の車離れがあると聞きます。地方では車は必須ですが都会ですと交通機関がそれなりに発達していますから車を持っていなくても生活には何ら影響はありませんし、車にお金を使うならファッションや食事にお金を使った方が良いという考えの人が多くなったということもあるようです。

 

地方では車は必須と書きましたが、必須なのに普通車は売れず軽自動車ばかり売れる…。これにも理由があるようです。都会に比べるとどうしても労働に見合った賃金をもらえていない場合があるようですし、最近の就職難のせいか定職についていない若い子達も多く、派遣や契約社員、バイトで生活しているような子が多く、そんな若者が維持経費が軽自動車よりもかかる普通車に乗れるわけもないですよね。

 

軽自動車であれば税金も1万円以内で済みますし、タイヤ等も標準のインチであれば普通車の1/4程度の価格で買えますからお金に余裕のない若者はどうしても軽自動車に流れてしまいます。
それでも、軽自動車の新車を買える余裕があればいいですが、軽とは言え新車の価格は普通車よりも高い場合があり維持経費は安いけど新車が200万オーバーということになると買うのには躊躇してしまう…ということになります。

 

そうなると、買えるのは軽自動車の中古車ということになりますが、皆さんは軽自動車の中古車の価格がそれほど安くないというのをご存知でしょうか。
普通車であれば7年落ちくらいになると、ほとんどの車は査定評価額が0円に近くなりますが、軽自動車の場合は少なくとも30万。売値は諸経費や儲け分をプラスする50万は超えてしまいます。
特に人気のスズキのワゴンR、ラパン、MRワゴン、ジムニー等は値段が下がらない部類の軽自動車です。
もしかするとスズキでいえばアルト等の低価格の設定のある軽自動車の新車を購入したほうが安い場合もあるかもしれません。

 

スズキの軽自動車人気の車種

 

中古車市場では高値で取引されている軽自動車ではありますが、売る場合は少し準備が必要となります。
ディラーや中古車買取業者の言い値で売るのと、自分の愛車の相場がいくらなのか知っていて売るのでは下取りにしても買取にしても多少なりとも価格に差が出てしまいます。
車を売るのはほとんどの人が違う車に乗り換える場合だと思いますが、次の車の購入価格を抑える為にも出来るだけ高く売れるようにしなければなりません。

 

軽自動車を売る場合に注意することとして

 

「自分の車の売値相場を知る」
「売る時期を逃さない」

 

この二つは絶対に必要です。

 

「自分の車の売値相場を知る」

自分の車の売値の相場を知るのに手っ取り早いのが中古車販売雑誌を見て、自分の車がいくら位で販売されているのか確認すれば良いです。
自分の愛車の状態(走行距離、色、年式等)と同じような車の販売価格から15万〜20万円引いた価格が売値と考えてください。
もっと確実なのはディラーを一つ一つまわって査定してもらう。これだともっと確実に自分の愛車の価格を知ることができますし、ディラーによってこんなに査定価格が違うものなんだということもわかると思います。
出来るだけ多くの情報を仕入れるという意味と、高く買ってもらえる販売店を探したいというのであればネットの広告等でよくある、一括査定サイトを利用するのも手ですが、こちらの場合も確実な買取価格を知るには愛車を実際に査定してもらわなければなりません。
よくある30秒で愛車の査定価格がわかる等と謳っているのは事実と異なる部分もありますから注意してください。

 

「売る時期を逃さない」

車を売るのに良い時期というのは、一般的には決算月と言われています。3月や9月がそれにあたるのですが。
確かに決算月ですから車を買う場合は査定価格の上乗せがありますし、中古車を売る側は在庫を確保しなければなりませんので、それなりに買取価格をUPしてくれるかもしれません。
但し、自分が売りたいと思った時期とその決算期が重なるとは限りません。その時期を待って売るというのも一つの手かもしれませんが…。
待っている間も確実に貴方の愛車の査定価格は下がっていきます。
車庫で大事に飾っているいうのであればいいのですが、実際は普段使っている車を売る事の方がほとんどだと思いますし、そうすると走行距離が増える、年式が下がる、もしかすると事故で修理することになるかもしれません。
こうなると決算期まで待つ意味がなくなってしまいますよね。
結論を言いますと

 

「売りたい時に売る!出来れば一番高く買ってくれるところに!」

 

となります。

 

 

結局のところ「スズキの中古車の高値売買の裏ワザ」というのは少しの手間さえ惜しまなければ誰でも出来る方法ですので、これらの事を踏まえて自分の愛車を高く売るよう頑張って見てください。